蒼龍館*ドール日記

人形(SD・DD、テヤン等)の写真で作った小ネタ中心ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「戡魔録2」11集まで

霹靂鑑賞、ずっと「戡魔録Ⅱ」の7集あたりで止ってたのを、やっと再開しました。
日曜8~10集、月曜11集を見て、「うお~、面白くなってきた!!」と勢い込んだところで、今日は風邪でダウン。なので、今日は画像がありません。
 
お話的には、羽人くんが鬼梁飛宇を誤殺してしまって大変なことに。本来なら、泣けるところなんだろうけど、家主的には、師匠(孤獨缺)の首持ったまま、半狂乱になって走っていく羽人くんが、ちょっと萌え…v
 
家主は、孤獨缺好きなのです。色々あったけど、最後は、負けたとはいえ狂龍と戦って死んだんだし、羽人くんにはいっぱい思い出して泣いてもらって、お得な役だよね~。

孤獨缺の、狂龍と戦いに向かう前の独白、
「羽仔、師父といいつつ、俺はお前に教えられることの方が多かったな」
(家主のええかげんな意訳)っていうのが、とっても良かったと思うのですが!!
  
一方、燕歸人は、泊寒波や西風ちゃんの尽力で、やっと前の恋人が死んじゃってるという現実を直視できるようになり、お墓もちゃんとたてました。
これから、羽人くんを正気に戻すために、尽力するところ…かな!?というところで続く。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。