蒼龍館*ドール日記

人形(SD・DD、テヤン等)の写真で作った小ネタ中心ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やもめ萌え!?

実を言うと、我が家の霹靂メンバーの内、蜀道行、北辰胤、北辰元凰、愁落暗塵
の4人が、やもめ(寡夫)なのでありまして。
霹靂はキャラクターが全体的に大人っぽくて、素敵な美じじいもたくさん出てくるお話
であるせいか、やっぱ家主的に、攻キャラは若造ではダメみたいです。
ま、まぁ、凰兒はやもめでも若造の部類でしょうけどね。
…ていうか、我が家では、攻キャラじゃないから、この際、除外か(笑)。
     
大きな(というか成人している)子供のいる蜀道行と北辰胤に比べれば、
愁落暗塵は全然若造ですが、やっぱ子供はまだ小さいとはいえ、
妻子持ちやもめとなると、若造とは違う雰囲気が出るので、
やっぱ愁君お迎えに至った事情というのは、そこらへんなのかもしれません。
奥さんは死んじゃって、子供は行方不明で、文字通り“哀愁”背負ってるところが、
萌えだったのですわ。
 
蜀道行については、前半、侠の道を貫くために生きた彼が、
もちろん大好きなのですが、後半、奥さんと息子が死んじゃって、
唯一残された娘を救おうと必死だった彼も、私は好きなのです。
まぁね「結局何も出来なかった」とか「出てくるの遅すぎ」とか、
「責任放棄して自殺した」とか、色々言われても、好きなものは好きなので、
しょうがないっすね。
…って、あれ!?何の話だったのかしらぁ。
  
あとうちはあれですね、師弟カプ萌えですね。
凰兒も本命は師匠(玉階飛)だし、羽ちゃんも師匠(孤獨缺)だからね~。
…って結局カプ話かい(^^;)。
 
してみると、うちで唯一異色カプなのは、蝶月かな。
あまり年齢の離れていないカプだし。
蝴蝶君は武功は強くても、若造の部類だと思うなぁ。
まぁ1組くらいは、若造へたれ攻めでも、いっか。…っていうところですな。
 
で、胤パパの話はナシか!?って言われそうですが(^^;)。
私、前半、胤パパはもっと野心家で怖いヒトだと思ってたんですよ。
それが後半、結局、ただの親バカだったってわかったので、
安心した反面、ちょと拍子抜けしたというか。
まぁでも、凰兒自身は、パパ以外全然味方がいなくて、
どんどん孤独になっていくので、これでパパが怖いヒトだったら、
バランス保てなかったでしょうけどねぇ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。