蒼龍館*ドール日記

人形(SD・DD、テヤン等)の写真で作った小ネタ中心ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蝴蝶刀用の袋

木偶や小雨用の武器は“買う派”の方と“買わない派”の方といらっしゃるとは思うのですが、うちは“ちょうどお店にあれば買う派”かなぁ。
無ければ注文するほどでもない…っていうところです。
   
蝴蝶君の場合は、本編でけっこう3枚目なので「刀持たないと、カッコつかないかな~」という気持ちもあり、買うつもりでした。
ちょうど豐偉にあったので、木偶と一緒に購入。鞘に入ってるとこんな↓

 
1071-DSC03456-2.jpg

 
蝴蝶斬(大刀)、蝴蝶刀(小刀)の2本セットです。
蝴蝶君自身はヨーロッパの出身という設定で、ルックスも西洋風なのに、何故か武器は日本刀ぽい!?鞘から出すとこんな↓

桜らいん

1072-DSC03449-2.jpg


こうして、しげしげと眺めてみると、とっても私好みのデザインではありませんか!
流れるような曲線のラインといい、銀と赤のカラーリングといい、うっとり~v
  
1073-DSC03454-2.jpg

 
細部まで美しいです!!
 
1074-DSC03455-2.jpg

 
美しいのは良いけど、壊れやすそうな上、袋を作るのも難しいよ~。
といいつつ、とりあえず、蝴蝶刀(小刀)用のを作ってみました↓
 
1075-SC03474.jpg

 
ちなみに布はワッフルキルトなので、普通のキルティングよりふわふわです。
ユザワヤで1m1,680円の会員価格1割引…だったと思います。
鍔部分はこんな↓
 
1076-DSC03476.jpg

 
ここまでは日曜日に縫ったのですが、この写真では見えないところにまだ隙間があって危険かも…。ということで、昨日の月曜日、鍔部分の追加パーツを1個縫い縫い。もう1個同じものを縫えば、完成な感じ!
 
大刀用も細長い部分は出来てるのですが、大刀は鍔部分も大きいので、ふわふわ部分も大きめに作らないとな~。
スポンサーサイト

コメント

武器とか基本的に欲しいケド、気に入らないと買わないタイプ。
なので傲笑紅塵君はいまだに剣がないの。

 胡蝶君の剣って、細いですね~。
そういやじっくり見たことないや(笑)。
刀より剣の方がデザイン的にも細いから、扱い大変かも、ですね。

うわーー!
袋もカワイイ!!
ツバのある袋なんて初めて見ました。

持たせてもゼッタイになくす若しくは壊す自信しかないです…。
なので“武器よ、さらば!”
なければお手入れもヌイヌイもしなくていいし…^^;

でも、どうしてそんなにマメなんですか~?
ちゃんと形に添ったカバーを作るなんて…作れるなんて…。
スゴイスゴイ~!

しゃ-ねいさん
紅塵劍は、作中何回か替わってますよね。
私が見た部分では、鐵十三が作ったヤツが最新だけど、
以前のと似たデザインだったかどうか思い出せない…。
カッコイイ剣だったと思うけどな~。
 
ちなみに蝴蝶君のは刀です。
刀か剣かは、太さとは関係なく、
基本的に剣はまっすぐで、刀は曲線なのだそうです。
武器マニアによると刀(カタナ)と太刀(タチ)も
違うらしいけど、私にはそこまでわかりません(^^;)。
 
アマツさん
ありがと~v
> ツバのある袋
私も初めてみました(笑)。
 
のらさん
デカいから“なくす”はないでしょう(笑)。
お手入れも、別にしなくていいし。
縫い縫いは、けっこう楽しいんですよん。
私はミシンが苦手なので、手縫いでちくちくするのが好きです♪
自分のなので、テキトーでいいしね。

刀は片刃で剣は諸刃ですよね~。
で、博物館とかでの太刀と刀の見分け方は、刃が上になっているのが刀で下向いてたら太刀です。
えっへん。

え?これぢゃ違いがわかるとは言わない?
ごもっとも~^^;

お花柄でかわいい~、とても中身が刀とは思えない(笑)
劍と比べると刀のほうが派手なデザインのように思うなぁ
うちは劍使いばっかで地味~(-_-)

タイトル、おもいっきり「刀」や、ってちゅ-の。って、突っ込み入りますね(笑)。細いので剣だと思い込んでました。
 そうか-。細さは関係ないんですね。

toのらさん
 刀と太刀の違い、わからんでござるぅ。でも、とりあえず刃の向きで違いがわかるんですよね、何が違うのかわかんないけど(大笑)。

to楽夜さん
 楽夜さんところは、ごつそうな鞘とか箱とかあって頑丈そうな感じする。

のらさん
勉強になりました~。
「諸刃の剣(つるぎ)」っていう言葉があるので、
「もしかして片刃の剣もあるの!?」とか思ってたのですが(^^;)。
やっぱ剣は諸刃ですよねぇ。
  
博物館の陳列だけでなく、
「人間が腰に挿す時、戦国時代は上向きに太刀を、
江戸時代は太平の世だから、下向きに刀をさしてた」
ってどっかで読んだような…。うろ覚えですが(^^;)。
  
楽夜さん
う~ん、異端剣はシンプルっていうか、オーソドックスですよねぇ。
魔流劍は、2つに分かれるから、そこそこ凝ってると思う。
紫炎くんのは、鞘が凝ってますよ!!
  
しゃ-ねいさん
あはは、蜀道行の刀が太いから、そういうイメージだったのかも!?
ちなみに涙痕の“泣龍怨”も、細いけど日本刀ですよ。
「莫ちゃんからもらった」とう設定らしい。
 
で、陳列や腰に挿す時の向きはともかく、
実物がどう違うのか…。そのうち調べてみよっと。

あ、でも日本の剣道っちゅうヤツでは、竹刀を使うけど刀道ではなく剣道…。
萌えよ…ぢゃなくって『燃えよ剣』も、『燃えよ刀』ぢゃないし、剣豪とはいっても刀豪とはいわないし…。
若しかして、どっちでもいいのかも~(笑)

でも、胡蝶君の刀が大小で、日本の大刀小刀みたいだってのは、言われて初めて気がつきました(笑)
双剣のバヤイ、そ~いえば、長さはおんなじですが、双刀っていうのはど~なんでしょ~(笑)

すみません、どうやら刃物はツボらしいです^^;

のらさん
まさに!竹刀は“刀”と書くのに“剣道”!
あれ!?でも竹刀って、片刃も諸刃も、刃はついてないんじゃ!?
新撰組はどう考えても日本刀なのに「燃えよ剣」ですよね~。
 
双刀も「アルスラーン戦記」に出てくる“双刀将軍”キシュワードの刀は、アニメ化したとき、2本同じ長さのを両手に構えてましたよん。
 
で、刃物はツボなのに、木偶の武器は買わないのらさん…(笑)。

あらん、だからですわ。
だって、いきなり振り回し始めたら困るでしょ?(笑)

のらさん
武器マニアの人って、集めて飾るだけで、使わないと思ってたけど、
そういう類とはまた違って、“あると振り回したくなる派”ですのねん(笑)。

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。