蒼龍館*ドール日記

人形(SD・DD、テヤン等)の写真で作った小ネタ中心ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

補完計画

霹靂迷朋友の中には、同人誌を作っている人、読み専の人、同人誌なんて知らない人と、色々いらっしゃると思うのですが(ちなみに家主は読み専です)。


家主が思うに、同人誌の存在意義というのは「補完」だと思うのですね。
「本編で足りないところを補う」っていう。
「空白を埋める」とか「空白じゃないけど、本編の展開に不満だから、
本編とは違う、自分のお気に入りの展開にする」とか。
 
パパ小雨が来た時に、すごく実感しました。私が霹靂のキャラドールをお迎えして、
やりたいのは、やっぱり、同人誌と同じ「補完」なのだと。

だってね、凰兒木偶1人だと、全然写真も撮る気にならなくってね。
もちろん可愛くないわけじゃないんだけど、とにかく1人じゃ、撮る気にならないのです。

でもさすがに、全然撮らないのも、あんまりだから~と、ちょこっとうちの庭で、撮ったり。あとは霹靂迷朋友と一緒に外拍の時、
「まだ見てないから見たい」っていうリクエストにお応えしてですね。
でもやっぱり、単体で撮っても、私的には楽しさは半分くらい。
 
パパが来た途端、ドバーーッと「小雨劇場」が出来たのは、そういうわけなのです。
私の場合、木偶でも小雨でも関係ありません。とにかく凰兒にはパパが必要なのです。
木偶か小雨かを問わないのは、たぶん、あまり姿形にこだわりが無いからです。
とにかく「パパ」という存在ならOK。

木偶を買う時には「気に入る顔じゃなきゃ、買わない」なんて言うくせに、
実はそれほどルックスには、こだわりが無いのですな。
 
あまりアップを撮らないのも、そのせいだと思います。
SDの時なんか、目玉を換えた時さえ、アップ撮ってないんですよ。
SDは着せ替え人形なので、とにかく衣装を見せたいというのもあって、ロングばっかり。
そして私のことだから「SD劇場」で複数人数の写真ばっかり撮ってました。
やっぱりジャンルが変わっても、そういうところは、変わらないのですなぁ。
 
と、話がそれましたが。
先日、パパ・ファンの某朋友は「“凰兒に囲まれるパパ”が実現!!」↓
と言って喜んでました。“胤パパ補完計画”ですね~。
 
20070314-DSC04072.jpg

 


桜らいん

↑↓凰兒に囲まれる幸せなパパv
 
20070314-DSC04076.jpg

  
20070314-DSC04083.jpg

眉毛子ちゃんにも、愛されてるパパv(のけぞっちゃってますが^^;) 
 
20070314-DSC04140.jpg

凰兒のためなら、自分は“影から見守る”でいいパパ。
 
…いかん。パラレルばっかりやってると、どんどんパパが可愛くなってきちゃう;
うちのパパは、バリ攻なんだから、もっとビシッとカッコ良く!!
…のハズだったのになぁ(遠い目)。
 
そうなのです。凰兒ファンの家主は“凰兒補完計画”を!
“パパと老師に囲まれる幸せな凰兒”を実現しなければ!!
やっぱ玉階飛の小雨、欲しいな~。(結局それかい^^;)
スポンサーサイト

コメント

つい最近までずーーーーと
「おうかいひ」だと思っていたら、某Uにぃさんが「ぎょくかいひ」って・・・

「王」と「玉」、「てん」に気付いてなかったんですね(笑)。
ばたこさん家も「涙痕補完計画」だよね~。
仲間、仲間(と無理やり仲間に^^;)。

パパ×翳流教主なら
太子には小雨の玉階飛がいないと寂しいと思うわ…

補完計画…
本編であまりにもかわいそうだから、ウチでしあわせに暮らさせてあげたい。。。そんな気持ちで木偶を買うのもまさに補完だよね~(´_`)

補完が補完を呼び、我家はもう足の踏み場もありません…。
のりーんさん補完は増殖します!

アマツさん
いえ、うちは「教主」とか「太子」とか分けないのです。
木偶でも小雨でも、記憶があっても無くても、同じ子です。
でも、うちの凰兒は総受だから、やっぱりパパと老師と両方ほしいなぁv
 
楽夜さん
楽夜さん家は「白衣補完計画」よね。
師父、ママ、師弟、左右護衛と揃えて…。
月くんが、どういう位置付けになるのか、注目だわ!!
 
もろさん
> 補完が補完を呼び
う、うちも既に…。ど、ど、どうしよう…(滝汗)

そう凰兒は総受け!ヽ(`Д´)ノ
パパはかっちょいい!ヽ(`Д´)ノ
大事なとこは一致してるのに何故ーー

ウニさん
ほんと、こうして整理してみると、大事なことは合ってる!!
…と、かえって驚きが(笑)。

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。