蒼龍館*ドール日記

人形(SD・DD、テヤン等)の写真で作った小ネタ中心ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白衣と狐

「白衣の友達」の続き~。白衣の台詞がちょっと、なんか性格悪い子みたいですが、
ストーリーの都合上ってことで、笑って許して下さいね~。ほんとは良い子なのよ~。
銀狐は最近、ちょっと日本語が喋れるようになったようです。
…ほんとは、家主が中国語の台詞が書けないだけなのですが(^^;)。
ちゅ~ことで、いってみましょ~。
 
hoyu2-01-DSC05210.jpg

白衣「師尊は、ああおっしゃるけど、ここいらで、若者と言えば狐か蛾…。
賢そうだけど、何考えてるかわからない蛾より、
バカっぽいけど、人の良さそうな狐の方がまだ…」


桜らいん

hoyu2-02-DSC05218.jpg

白衣「あ、ちょうど狐が。野良のくせに、しょっちゅう邸内(やしきうち)にいるし…」
  
hoyu2-03-DSC05194.jpg

白衣「銀狐」
 
hoyu2-04-DSC05200.jpg

銀狐「白衣♪」
白衣「今日は、すごく良いお天気だ。私は、マント脱いじゃった」
 
hoyu2-06-DSC05206.jpg

白衣「こんなの着てて、暑くない!?」
 
hoyu2-05-DSC05227.jpg

銀狐「這不是外套、是“冬毛”。“夏毛”に生え換わるの、6月」
白衣「ふうん、狐って、不便だなぁ」
銀狐「不是。狐是很好」
 
hoyu2-07-5-DSC05220.jpg

白衣「そういえば、銀狐の母上って、どんな人!?」
  
hoyu2-08-DSC05222.jpg

銀狐「狐だったらしい」
 
hoyu2-09-DSC05219.jpg

白衣「……。父上は!?」
 
hoyu2-10-DSC05221.jpg

銀狐「たぶん狐」
 
白衣(パパ狐、ママ狐、子狐…)
↓白衣の想像であって、事実とは異なります。
hoyu2-11-DSC01587.jpg

 
hoyu2-12-DSC05229.jpg

白衣「ふぅん、楽しそうな家族だね」
銀狐「うん♪」
少し親交が深まった2人だった。(ホンマか!?^^;)
 
本当のところ、銀狐のパパは、やっぱり臥江子さんであるようです。
家主的に「じゃあ何故、臥江子さんは、自分がパパであることを、
銀狐にナイショにしてたのか!?」っていうのが、ずっと疑問だったのですが。
先日、某霹靂迷朋友に聞いて、やっと納得しました。
 
臥江子さんは、狐ママと身分違いの恋に落ちて、駆け落ちして来たんだけど、もしも葉口月人にみつかったら、罪人なので、その時、銀狐が臥江子さんの子だとバレたら、銀狐にも累が及ぶから、普通の天外南海獣人族の孤児ってことにして、育てたわけですな。なるほど~。
 
結局、本編では、銀狐は、そのへんの事情には、気付いてるような、気付いてないような、微妙なのですが、どうなんだろう!?
スポンサーサイト

コメント

“パパ狐・ママ狐・子狐”!(((^▽^)))
白衣の想像めちゃ笑える!
うちにはワカゾーが二人いるから是非お友達候補にしてやって~♪

ここんちの白衣は若いなぁ…(^_^;)

銀狐、かわいい~v-254
白衣のいきなり尻尾つかみもスキです♪

楽夜さん
“パパ狐、ママ狐、子狐”は実は、RIOさん家の銀狐と撮せらてもらった時から、考えてあったネタなのです。
それが形になったのが、やっと今(^^;)。
 
わ~い、お友達、お友達♪ぜひ、ぜひ!
楽夜さん家には“哥哥”もいるしねv
 
暁さん
水神さん家の白衣を見慣れてると、うちの子って、
「え!?この子も白衣劍少!?」って感じかも(^^;;)。
 
のらさん
「バカっぽくて、人が良い」なんて、日本人の、狐っていう動物に対するイメージからは、かけ離れてるけど、何故かうちの子は、そういうイメージです。
本編の銀狐は「エラソーだけど、友情に篤い」狐なんですけどね~。
 
白衣の尻尾掴みは、やってみたら、なんかおもしろかったので、ネタに採用(笑)。
子供がじゃれて遊んでるみたいで、可愛いですよね。

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。