蒼龍館*ドール日記

人形(SD・DD、テヤン等)の写真で作った小ネタ中心ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「謎城」終了

「謎城」全40集を見終えました。
わりとどうでもいいシーンなのですが、武聯會の成立にあたって、玉世香が
「公法庭にしろ、九州連盟にしろ、ロクなもんじゃなかった」って言うのですが、
思わず「そうだ!そうだ!!」と言いたくなってしまいましたよ。
ちなみに、他にも2つくらい組織名が挙がっていましたが、忘れました(^^;)。
まぁ、攻略本の人物紹介見てるので、このヒトも実は…なのですが、
他にも「指導者としては、素還真か一頁書しか信用できない」とか、
ここらへんでこの人が言ってることは、しごくごもっともです。
  
ひいおばあちゃんが、あんなことになって、太一くん傷心…。
ここらへん、車車老がすごくいい男でしたよ!
自分も傷心なのに、太一君を元気づけるシーンとか!
車車老って、最初はお笑いキャラだと思ってたけど(実際そうだけど)、
後半、愛する女性のために、自分が罪を被る覚悟で頑張るあたりが、
蝴蝶君を彷彿とさせますよ!ま、蝴蝶君もお笑いキャラだしね。
なんていうと、蝴蝶君ファンに叱られそうですが(^^;)。
 
で、法雲子を追求する太一くんですが、法雲子はバックレて開き直るつもりらしい^^;
法雲子自身は、もと同志だった「仙」の死を悼んではいたのですが、
立場上、太一君に話すわけには、いかないしね。
  
伏蔵くんは正体バレだら、じーさんになるのかと思ったら、
不老不死になってるからってことで、
そのままの姿で「匃皇」て呼ばれてたけど、書書さんと対決に当たって、
不老不死は捨てて、奥義を出すために、じーさんに。
 
しかしあれですね。終始一貫して悪役の長生殿に対して、
不老城の識能龍はほんとに良い人みたいだったのに、本体はアレなのね。
そこらへんの仕組みがよくわからない私なのですが。
それに識玲瓏もほんとに良い娘だったのに。どうなっちゃうんだろう!?
で、六禍蒼龍は最初っから悪役で、出てきていきなり日月才子と対決なのですなぁ。
 
あと汲無蹤 は、魚晩児ちゃんのピンチに、正気にかえるのか!?
というところで「皇龍紀」に続く。
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。