蒼龍館*ドール日記

人形(SD・DD、テヤン等)の写真で作った小ネタ中心ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愁君in燕趙園の滝

画像が無いとやっぱサビシイ…。
そういえば、あのへんの写真を、まだ載せてなかった。
ということで、相変わらず工夫の無い写真ですが、愁君の燕趙園の滝写真を。
  
写真は全部で9枚です。
その後、ちょと腐女子語りがあるので、苦手な方は、写真だけ見て、
サッと引き上げて下さいませm(_ _)m
 
entakisyu01-DSC07670.jpg


桜らいん

entakisyu02-DSC07559.jpg

 
entakisyu03-DSC07671.jpg

 
entakisyu04-DSC07560.jpg

 
entakisyu05-DSC07570.jpg

 
entakisyu06-DSC07672.jpg

 
entakisyu07-DSC07556.jpg

 
entakisyu08-DSC07661.jpg

 
entakisyu09-DSC07662.jpg

 
家主は実は、愁君は羽(うー)ちゃんのために、お迎えしたつもりだったのですが。
どうも、その後の経過に鑑みるに、そうではなかったようです。
やっぱ、自分が欲しかったみたいです(大笑)。
 
たぶん腐女子にしか、わからない感覚だとは思うのですが。
最近、家主が欲しい子は、受キャラばかりで、受キャラをお迎えすると、
その子用に攻キャラもお迎えしたくなる…という、
まぁ、病気みたいなもんだったのですが(笑)。
 
白衣のために黒風之痕を、凰兒のために胤パパをお迎え。
蝶月は同時お迎えだけど、蝴蝶君は公孫月の刀ですから。
ちなみに、この場合の“刀”はダブル・ミーニングです(笑)。
銀狐と人魚姫は動物キャラなので除外(笑)。
 
愁君も、羽ちゃんのために、お迎えしたつもりだったのにな~。
自分のためにお迎えしたなら、攻キャラとしては、初ですよ。
で、愁君は攻キャラなわけですが、じゃあ受キャラはどうするのかというと、
やっぱ男女カプの方が、似合う気がする。自創の後妻とか!?(笑)。
私としては、やっぱり言傾城が希望なのですが。
やもめと未亡人だから、ちょうど良いと思うんだけどな~。ダメかしら!?
 
んで、羽ちゃんには、やっぱ師匠(孤獨缺)か!?
でも、孤獨缺はとっても天邪鬼なので、あの師匠と一緒だと、
羽ちゃん苦労しそうだから、やっぱ羽ちゃんの平穏な生活のためにも、
呼ばない方がよさそうっすね(笑)。
スポンサーサイト

コメント

(ぼそっと…)
臥江子は呼ばなくっていいの?
ホントに?
銀狐、待ってると思うよ…。
呼んであげようよ…(笑)

のらさん
台湾同人で銀狐のカプというと、やっぱ銀臥か、逆カプの臥銀か、
どっちかが主流のようですが、
私的には、しつこいようですが、臥江子さんは黒仮面のヒトとカプです。
黒仮面×臥江子です。
ちなみに最近は、日本でも台湾でも“×”(かけ算マーク)は省略されてるみたいですね。
“逆カプ”は攻・受が逆って意味で、前に書く方が攻、後に書く方が受キャラです。
 
で、銀狐はというと、私、実は銀無v-344なんですよ。
“無”は柳無色です。

銀孤と無色!
そうか・・・そういえばフシギではない組み合わせなのよね^^
うちのこの二組があんまり馬鹿なことばっかりやってるもんだから・・・(涙。
その組み合わせを忘れてたような気がします;
そう銀無。競馬で言ったら大穴カプかも?
のりーんさん、がんばって呼ぶのです!今つくったら小顔のハンサムボーイが来ることマチガイなし!!

攻め伽羅は当然必要ですよねぇ(笑)
受け君だけじゃ寂しいですわ おほほほ でも総○けな場合ってどうすればいいんでしょ(爆笑)

秋寿さん
“大穴カプ”すか(^^;)。
私、秋寿さん家の、ケンカしながら、じゃれて遊んでる感じの2人も、大好きすよv-343
 
カオは、後になればなるほど、小顔なことは確かですよね。
しかし注文する甲斐性の無いワタクシですv-356
 
破魔矢さん
総受けの場合の理想的な状況は、
既に破魔矢さん宅で、実現されているじゃあ、あ~りませんか!!
破魔矢さん家は、素素さまの逆ハーレムですもんねv
素素さま自身も、フルver.揃っていらっしゃいますが(笑)。
 
うちもほんとは、総受けなんです。
凰兒には師匠(玉階飛)も呼んであげたいんです。
羽ちゃんには、師匠(孤獨缺)も、慕少艾も呼んであげたいんです。
でもさすがに、うちでは、そこまでは、無理っす~(>_<)。

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。