蒼龍館*ドール日記

人形(SD・DD、テヤン等)の写真で作った小ネタ中心ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

里レポ4「前夜祭」

里レポ、最後は「ホームタウン・ドルパ京都5 前夜祭 in 天使の里」です。
ネット申込で抽選だったのですが、今回、ラッキーなことに、当選しました。
里の、こういう「抽選で当たった人だけが参加できる」イベントには、
今まで参加したことがなかったので、どんな風なのか、興味深々。
 
この日は里を17時でいったん閉館し、準備の後、18時から「前夜祭」でした。
  
sato4-31-DSC09621.jpg

建物入口前の看板に、今回の目玉「幼天使ゆう 白雪Ver.」の看板が追加されています。
  
そう、今日、里では「朝から並んで抽選購入」が、榊と八代ちゃん、
「夜、抽選ご招待の人のみ購入できる」のが、白ゆうちゃんだったのです。
午後、里に着いた時、「白ゆうちゃんは、看板も実物も飾ってないなぁ」と思ってたのですが、どうやら、「飾っても買えないから、夜しか飾らない」つもりだったようですな(^^;)。


桜らいん

sato4-32-DSC09631.jpg

降臨台にも看板。
 
sato4-33-DSC09623.jpg

10周年イベント、年間スケジュールのディスプレイも。
 
sato4-34-DSC09626.jpg

八代ちゃんと白ゆうちゃん。
 
sato4-35-DSC09629.jpg

榊と白ゆうちゃん。
 
イベント案内には、「お茶会:ドリンク&フードサービス」となっていて、
「抽選で200名ご招待」だから、スペース的にいって立食ですから、
まぁ↓こんなもんですな。
サンドイッチと、あとは「ちょこっとつまむ」程度のお菓子です。
 
飲み物は、けっこう種類が色々ありまして、好きなのを紙コップについでもらう
or 缶ビールだったのですが、なにげに飲み物をついでくれていたお姉さん達が、
実は、Valicoさん、Cieraさん、 Saifaさん、Aoneさん等の
ワンオフメイク・アーティストさん達でした。
 
午後6時を過ぎて、皆、お腹が空いてきた頃なので、適当にサンドイッチをつまみつつ、
白ゆうちゃんお持ち帰りの方は、順次地下ショップで受取り。
支払は、ネット申込の抽選が当たった時点で、カード引落なので、レジの必要がなく、
メールの控と照合するだけだから、スムースにサクサク進んでいたようです。
    
sato4-36-DSC09624.jpg

  
イベント案内では「トークショウ・交流会」という項目もありまして、参加者には、
圓句さん、大橋さん、北村さん等の造型師さん達の名前があがっていたので、
私は「SD開発秘話」的なものを期待していたのですが。
造型師さん達は、確かにいらっしゃっていて、並んでおられたものの、お話は全然ナシ。
 
進行としては、最初に「ご意見、ご要望コーナー」があり、
「限定っ子の再販」や「幼SDやSD16、SD17のフルチョ化」等、
色々意見が出てました。
 
その後は「プレゼント抽選会」。
ちびドレスやウィッグ、造型村アイも若干数あったものの、今回もプレゼントのメインは、
精天使、霊天使でした。各10体だったと思います。
合わせて20体になるから、「200名ご招待」の内、1割の人が、
精天使、霊天使のいずれかが当たったことになりますな。

抽プレの合間の、重田社長のドリームトークも、いつもよりずっと短かったです。
ま、まぁ、いつもが長すぎなのですが(^^;)、長いのに慣れてるので、
「え、あんだけで終わり!?おお、短い!!」と思いましたですよ。
  
sato4-37-DSC09618.jpg

トイレの壁にも、こんなチラシが、貼ってありました。
 
この「前夜祭」は、参加費5,250円で「幼天使専用・天使の翼ゆうVer.さくら色」が、
もれなくついてきます。幼天使の限定色の羽は、だいたい定価4,725円なので、
引き算すると、立食パーティー代が525円。まぁそんなもんかな、と。
(ちなみに「ゆうVer.さくら色」は、イベントについてくるのだけで、販売はありません。)
 
しかし同伴者の参加費が1,575円は、ちょっとボッてるんじゃない!?
とか思ってましたら、なんと、全員、お茶とお弁当お持ち帰り~↓
  
sato4-38-DSC09632.jpg

「お夜食用」ってことで、軽めですが、とっても美味しかったですv
 
それにしても、この日は、喫茶室で桜のムース食べて、奥の建物で桜餅食べて、
17時~18時の間、向かいのミスドで、ドーナツとコーヒーで時間潰して、
前夜祭でサンドイッチ食べて、帰宅後またお弁当と、
食べてばかりの里でしたな(^^;)。
さすがに、お弁当は帰宅後、母がご相伴してくれたんですけどね~。
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。