蒼龍館*ドール日記

人形(SD・DD、テヤン等)の写真で作った小ネタ中心ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「皇龍紀」42集まで

雪山を出てきた簫中劍の衣装、毛皮がなくなってる!
簫中劍の衣装って、黒系なので「銀狐以上に暑そう」とか思っていたのですが、
暑そうじゃない衣装も、ちゃんとあったのですな。
で、魔界と手を切るように月セン渦を説得する簫中劍ですが、月くんはけんもほろろ。
  
しかしあれですな、月セン渦はもともと半分魔界の血が流れているので、いいんだけど、
冷醉まで魔界に行っちゃったのは、なんか説得力に欠けるような気が…。
  
本筋の方は、書書さんが「千年一撃」で、異度魔界の魔龍を射る算段になるのですが、
「天君絲」なんていう懐かしい物が登場し、思わず雅瑟風流とか「封靈島」あたりのことを、懐かしく思い出してしまいましたですよ。
  
しかしこの「天君絲」、まぁ簡単に言うとピアノ線の強化版みたいなものだと思うんだけど、侮れない大層なシロモノなので、岩と岩との間に、ピーンと張るために、
殷末簫と無名の師弟が、2人がかりで血だらけですよ。
  
血だらけの殷末簫の手を、無名が手当てしているところなんか見ると、
家主的にはやっぱり、風之痕の手が血だらけで、白衣がずっと心配していたあたりを、
思い出してしまいます(T T)。
  
魔龍の関係で、久々登場の九禍魔后ですが、そのそばにいるのは、任沉浮!
「君、まだ生きとったんかい!?」みたいな(^-^;)。そういえば、まだ死んでませんでしたね。
もしかして、異度魔界メンバーの中で、今んとこ、1番長生きかも!?
螣邪郎兄ちゃんなんか、あっちゅう間に死んじゃったもんなぁ。
 
そしてやっと治った素還真(!?)が、大層な馬車で登場!
なんか、テーマパークのパレードに使うような、華麗な馬車なんですけど(^-^;)。
 
法雲子は太一の反撃にあって、とうとうお亡くなりに。
双方とも、そこまで拘らずに、ほっときゃー良かったと思うんだけど、ダメかしら…。
実は公式サイトの「組織総覧」を見て「紫耀天朝」のところ、法雲子が「皇后」になっとるので、そのへんまで生きてるのかと思ったら、違うのね。
 
ママの仇をとりたい千流影ですが、寂寞侯に
「冷静にならないと、太一には勝てないよん」
と言われ、まだガマン中。というところで、続く~。
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。