蒼龍館*ドール日記

人形(SD・DD、テヤン等)の写真で作った小ネタ中心ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北辰胤inお堀

とにかく暑いので「お水の側なら、ちょっとは涼しいんじゃないの!?」
ということで、胤パパ、お堀の側に立ってみる。
 
そうしたら、ふと「北嵎皇城にも、お堀はあったはずよね!?」と。
というわけで、↓北辰胤、北嵎皇城のお堀の側で、なにやら考えごとを。
 
ohori01-DSC00634.jpg


桜らいん

ohori-DSC00635.jpg
  
ohori-DSC00639.jpg
  
ohori-DSC00641.jpg
  
ohori-DSC00642.jpg
  
ohori-DSC00644.jpg
 
ohori-DSC00645.jpg
 
ohori-DSC00646.jpg

 
ohori-DSC00647.jpg

 
ohori-DSC00648.jpg
 
写真を撮りながら、
「本当は、パパは凰兒のことを、どう思っていたんだろう!?」とか、
「本当は、凰兒はパパのことを、どう思っていたんだろう!?」とか、
そんなことを考えてしまいました。
 
そして木偶お迎えから、長いこと、うっちゃっておいてしまっいるけれども、
「パパと凰兒」は、我が家で1番、まだ未消化なままなのだ、
と改めて思いました。
 
某同人作家さんの漫画で、
「私は何か間違ったことをしてしまったのだろうか…」
という胤パパのセリフがありまして。
「間違ったこと」というのは「取り替えっ子」のことなのですが。
 
胤パパが、そう思っていたのだとしたら、
うれしいような、いや、やっぱり北辰胤は、野心家の梟雄であってほしいような。
たぶん、本編の人も、内心、葛藤はあったと思うのですけれどもね。
 
とはいえ、もしも凰兒に「生まれ変わるなら、何に生まれ変わりたいか」ときいたら、
「次の生も、太子に生まれて、立派な皇帝になりたい」
と、答えると思うんですよね。
スポンサーサイト

コメント

胤パパなら「取替え子」なんかしないで、息子とふたりで堂々と王座を奪っても良かったかもね。
もっと外泊して二人の世界を確立するのだ~♪

楽夜さん
う~ん、でも二哥に対して、兵を挙げる理由が無かっただろうしねぇ…。
 
それはそうと、私、楽夜さんが「木偶が欲しくなる沸点が高い」理由が、
ちょっとわかりましたよ!
しょっちゅう外拍して、自分家の木偶と対峙しているから、
「新しい角色より、うちにいる子の方が好きe-413
っていうのが、持続するんだなぁ、と。
 
うちは、やっぱ、普段、構わなさすぎだと、反省しましたe-330

じゃ家も沸点高いんだ~新しい角色いらないもん(笑)

あら~、兵なんか挙げなくたってサクっと暗殺すればいいのよ~ほほほ( ̄∀ ̄)←(堂々と…になってない?)

沸点が高い理由…あはは、そ、そうなのかな(;^_^A
でも確かに外拍すればするほど愛は深まるかもv-238

破魔矢さんは素還真に関しては沸点低すぎでは?(笑)

破魔矢さん
破魔矢さんの場合「同じ角色で、沸騰しっぱなし」ってことですかね!? ^^;
 
楽夜さん
「サクッと」は、全然「堂々と」じゃないスよ^^;
 
楽夜さんの、自分家の子に注ぐ愛情は、
並々ならぬものがありますからね。
見習わねば~。

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。