蒼龍館*ドール日記

人形(SD・DD、テヤン等)の写真で作った小ネタ中心ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「鍘龑史」12集まで

前回、書くの忘れてましたが、何集だったかな!?
千流影が、父:六禍蒼龍に、義妹:沐紫英のことをきくシーンがありまして。

桜らいん

千流影からみれば、沐紫英は異母妹なわけですが。
千流影は、ずっと義母:法雲子を慕って育ってきて、
「実は、実母の仇だった」ことが判明しても、
いまさらその気持ちは変えられなくて。
  
その上、千流影は、法雲子や沐紫英と、紫宮太一との関係は、全然知らないので、
「沐紫英は、ママの実の娘なのに、何故ママに敵対するような態度をとるのか」
全然、理解できないところ。
なので、妹とはいえ、沐紫英に対して、良い印象は無い。
それでも、「パパにとっては実の娘だし…」と心配する、るーやちゃん。
ええ子や(ホロリ)。
 
あと、いつも、えほえほ(咳)している寂寞侯ですが、
ファッションではなく、やっぱりほんとに病気らしい。
「私には次の龍(皇帝になる人)を待つ時間は、もう無い」と。
 
家主は寂寞侯は、好きです。
「将来の平和のために、今は血を流しても、犠牲はやむをえない」
っていう考えは、現実の世界なら、間違ってるとは思うけど、
自分なりに天下を憂えて起こした行動なわけだし。
で、その時に限ってまた、六禍蒼龍みたいな人材しかいないというのが、
なんとも「無奈><」なわけですが~。
 
と、ここまでが、前回の書き忘れ; 
10~12集は、え~と。
 
海岸線の攻防、日本の忍者軍団にてこずる無名。そこへ莫召奴が!
すご~い、莫莫が本格的に武功を使うの見たのって、
一体、どれだけぶり!?やっぱ強いんだ~。みたいな。
「圖騰」頃は、莫召奴は「朱雀」なので、赤系の演出の時もあったと思うのですが、
今回はもともとのイメージカラーの、青系の演出でしたね。
 
素還真と寂寞侯の会談は、もちろん、もの別れに終わり。
「心築情巣」10里以内に、糧食を運ぶ攻防戦。
 
千流影が燕歸人と対戦するシーンがありまして。
もっと燕歸人がダントツに強いのかと思ったら、
るーやちゃんも、けっこう頑張りました
スポンサーサイト

コメント

燕歸人と戦って血一つ吐かないるーちゃんはラッキーボーイ( ´∀`)

ウニさん
燕歸人は、とにかくムチャクチャ強い角色だからねぇ。
でも、血を吐くるーちゃんも、色っぽくて良いかも…v

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。