蒼龍館*ドール日記

人形(SD・DD、テヤン等)の写真で作った小ネタ中心ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続 Valentine's Day2011

前回の続き。
冗談めかしてはいますが、BL風味っぽいので、
苦手な方は、続きはポチしないでね。

平助と新八の和装衣装を自作しました。
平助は、プーリップのヘッドに、テヤンのボディにしようか、
と思ったら、首が合いません(><)。
なので、全身テヤンにしました。
「面長な平助」ってアンタ…な感じですが、
平助に見えなくても平助ってことで。

110223-11-3.jpg

桜らいん

110223-12-3.jpg

110223-13-3.jpg

110223-14.jpg

110223-15-2.jpg

110223-16-3.jpg

110223-17-2.jpg

110223-18-3.jpg

110223-19-5.jpg

110223-20-3.jpg

110223-21-2.jpg

110223-22-2.jpg

110223-23-3.jpg

110223-24-2.jpg

今回の左之の台詞
「どこに行こうがおまえの背中は、俺が守ってやる」
っていうのは、
アニメ「薄桜鬼碧血録」のDVD二巻に付属している小冊子
「離隊、決意の刻」
(アニメでは原案・構成監修をされた藤澤Pの書き下ろし)
の中の台詞です。

このお話の中では、新八は、左之の返事(上記の台詞)を聞いて
「そうか…左之も俺と同じ気持ちでいてくれたんだなあ」と感激します。

どうやら新八は「左之も新八と同じく、近藤さんに不満があり、
別の道を模索していた」と思ったようなのですが。

私はどうも、そうではないんじゃないかと。
まぁ、もちろん、それもあるだろうけど、
「薄桜鬼」の原田左之助は、わりと小市民的っていうか。
なので、最終的な決め手は、
「近藤さん(土方さんら含む)か新八か、どちらか選べ」
と言われて、新八を選んだんじゃないかなぁ、と。

いずれにしても、この小冊子は、まじめに感動するお話なのに、
こんなネタに使っちゃって、すみませんm(_ _)m
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。