蒼龍館*ドール日記

人形(SD・DD、テヤン等)の写真で作った小ネタ中心ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JRで琵琶湖一周 乗り鉄の旅

母の要望で「JRで琵琶湖一周 乗り鉄の旅」に行ってきました。
そう、母は私以上の「乗り鉄」なのです。

母と同行なので、お伴の人形は無しにするか、迷ったのですが、
母が「小さい子、連れて行けばいいじゃない」と言ってくれたので、
出かける間際に、左之をひっつかんで行きました。
でも実は、母の希望は「幼SD女の子」だったらしいんですけどね

*****

今回の旅は「JR西日本 大阪近郊区間 大回り乗車」の制度を使い、
140円で琵琶湖を一周します。

まずは、起点の「大津」駅へむかいます。
我が家の最寄り駅から、大津駅までは、約1時間半、820円。

110517-01.jpg
大津駅で、いったん改札を出て、
駅舎等を記念撮影。
この写真ではわかりにくいですが、「JR大津駅」の文字の下に、
十二単の平安絵巻が描かれていて、お洒落ですね。

桜らいん

110517-02.jpg
「大津の方言・昔ことば」の看板。
私、京都府民なのですが、こうして見ると、
お隣とはいえ、滋賀県とは、だいぶ言葉が違うようで、
この中で、わかる言葉は、半分未満です

110517-03.jpg
隣駅「膳所」まで140円の切符を握りしめて、
いざ「琵琶湖一周」へ。

110517-04.jpg


110517-05.jpg
西隣の「山科」駅で「湖西線」に乗り換え。
11:50発の「新快速敦賀行」で、琵琶湖西岸を北上します。
乗車時間は、約71分。

110517-06.jpg
湖西線では、車窓から琵琶湖が見える区間が多いのですが、
この日は曇り空だったので、空と湖の境目がわかりにくいですね

110517-07.jpg
線路は、湖のすぐそばではなく、間に田んぼや住宅を、少しはさんでいます。
湖側は、ずっとのどかな田園風景が続きます。
私の家の近所では、もう田んぼは、すごく減ってしまっているので、
こんなにたくさん田んぼを見たのは、何年ぶり?っていう感じ。

110517-08.jpg
終点に着くのは13:01なので、車中で持参したサンドイッチの昼食。

110517-09.jpg
琵琶湖北端の「近江塩津」駅に着きました。
これで、琵琶湖を半周したので、ここから琵琶湖東岸を南下します。
この駅でゆっくりしても、何も無さそうだったので、
13:05発の「新快速網干行」に乗車。

正式には、長浜までが「北陸本線」、その後「琵琶湖線」になりますが、
電車は乗ったままです。

110517-10.jpg
途中の「木ノ本」駅。

110517-11.jpg
「米原」駅で、向かいのホームに入った「しらさぎ」の車両と。
帰って調べたら「しらさぎ」は名古屋-富山間の他、米原-金沢間も運航しているのですね。
金沢もまた行きたいなぁ。

金沢と言えば、「雷鳥」か「サンダーバード」のイメージだったのですが、
「しらさぎ」も乗ってみたい気が。
とか思いつつ調べたら、なんと!「雷鳥」は引退しちゃってました

110517-12.jpg
乗車時間約84分で「石山」駅着。
「膳所」駅は、各駅停車しか停まらないため、
「石山」駅で普通列車に乗り換えます。

110517-13.jpg

110517-14.jpg
「膳所」駅着。
これで、琵琶湖をぐるりんと一周しました!
いったん改札を出て、帰りの切符820円を購入。

JR膳所駅は、向かいが京阪電車の駅っていう以外、
特に見どころも無かったのと、雨がひどくなってきたので、
写真は駅構内のみです。

帰りに、京都駅に寄って、京都タワーに登ろうか、
という案もあったのですが、天候不順のため、断念。
…ていうか、京都府民なので、またいつでも来れるしね。

あとは一路、我が家へ向かって帰ります。
「乗り鉄」でない人から見れば「何しに行ったん?」な感じですが、
「電車に乗りに行ったんです」としか…(^^;)。
ともあれ、と~っても楽しかったです

母は、冬の間、ずっと体調が悪かったのですが、
暖かくなってきたおかげか、だいぶんマシになってきたようだし、
この日も、終日、元気だったので、この分なら、
母の念願の広島も行けるかも?

私自身は広島は2回行って、原爆ドームも見たのですが、
母はまだ行ってないので、原爆ドームと宮島の厳島神社が見たいのだそうです。
私は、最近、にわか歴女なので、萩や下関にも行きたいんですけどね。
新幹線「さくら」に乗って、九州も行きたいなぁ。
…と、希望だけは、たくさんあるのです
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。